ビークレンズっていつ飲むの?正しい飲み方とやってはいけない事は?

ビークレンズいつ飲むと効果が出やすいのでしょう。

朝?昼?夜?

どれがいいのでしょう。

今回はいつ飲むのが正しいのか、正しい飲み方とやってはいけないことを纏めてみました。

 

置き換えダイエットには

ビークレンズでの置き換えダイエットは朝食か夕食がおすすめです。

逆に昼に飲むとお腹が減りやすく、反動で夕食にたくさん食べてしまう可能性があります。

毎日飲むことが大事

ビークレンズは薬ではないので「この時間に飲まなきゃいけないとだめ!」という決まりはありません。

先に描いた通り、夕食か昼食で置き換えることをお勧めしましたが毎日決まった時間に飲み続けることが重要です。

ビークレンズのアレンジレシピ

例えばバナナのヘルシーチャコールアイスなどおいしそうです。

作り方は

①バナナは皮をむき、細かく切ってラップに包み、冷凍庫で凍らせておきます。

②フードプロセッサーに①を入れなめらかな状態になったらビークレンズを加えさらに細かくして混ぜ合わせます。

③パッドに②を入れて冷凍庫で冷やし器に盛りつけて完成です。

フードプロセッサーがない方は牛乳割でもおいしいです。

ただし、冷たい牛乳に入れてもきちんと溶けてくれないです。

水の時もそうですが浮いてしまいます。

マグカップの中にビークレンズを入れ、ほんのちょっとお湯を入れてペースト状にした後に、牛乳をいれましょう。

このやり方だと若干ぬるま湯のようになり味が落ちてしまうかもしれません。

冷たいのがいい方は氷を入れてもいいかもしれませんね。

でも冷やしすぎはお腹を下すかもしれないので気を付けてください。

 

ビークレンズの重要な成分

3種類のチャコールの効果を詳しくみるとヤシガラ活性炭と伊那赤松妙痰で不純物を吸着・排出し、炭末色素で腸内をきれいにしてくれます。

また、デキストリンをはじめ脂肪を燃焼させる効果がある成分が含まれているものも特徴的です。

公式サイトに載っているヤセ菌とは善玉菌のことでチャコールなどによって善玉菌を増やすことが可能です。

そして、ビークレンズには厚生労働省が定める栄養機能食品が含まれています。

・葉酸:赤血球の生成を助け、たんぱく質を作る働きがある。

・マグネシウム:高血圧防止

・ビタミンE:抗酸化作用・アンチエイジング効果

ヒアルロン酸などうるおい美容効果が期待できる成分も含まれているのでまさにダイエットと美容がゲットできる商品といえるでしょう。



ビークレンズ関連記事

ビークレンズ口コミ@コスメとかで痩せない!等のヤバい悪評とかある?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です